喜平チェーンの魅力

喜平チェーンの魅力

シンルを極めた不変の価値を持つキヘイジュエリーは、
美しく輝くジュエリーとして、年代を超えて永く愛されている人気アイテムです。
長さや重さ、デザインも様々なものがあり、男性はもちろん、女性からも支持を得ています。

喜平とは

喜平チェーンとは、あずき型のチェーンを90度ひねり、さらに押しつぶしたデザインを指します。押しつぶした面がまっすぐに並んで同じ面を向き、なめらかな輝きを放つのが魅力です。
またバリエーションも豊富で、ネックレスだけでなく、ブレスレット、アンクレットなどもございます。断面にある平面の数によって数種類に分けられいます。

喜平と呼ばれる由来

喜平という名前の由来は諸説あります。南北戦争時代にアメリカの騎兵が持っていたサーベルに付いていた鎖の形状から取ったと言われています。または、喜平さんという方が初めてデザインしたと言われる説の2説がよく聞かれますが、詳しいところは謎のようです。

素材

素材は、圧倒的に金が多く使用されています。24金は柔らかい為作るのが難しいので非常に珍しいです。10金、14金などもあり価格は手ごろですが、劣化するのが早く特に錆びに弱い傾向があります。主流は金75%に他の金属を25%配合した18金になります。
また、プラチナの喜平も人気があります。Pt1000は金と同じく柔らかい為作るのが難しいので非常に珍しいです。主流は純度85%のPt850になります。

編み方

輪の形状によっても種類があり、1つの輪に対して1つの輪をつなげているのがシングル編み、1つの輪に対して2つの輪をつなげているのがダブル編み、1つの輪に対して3つの輪をつなげているのがトリプル編みです。
多いほど目が詰まった編み方で、密度が高くなりなめらかさと幅が増していきます。

カット面

2面、6面、8面、12面などなど様々あります。面の数が増えるほど反射量も増え輝きが増します。
断面数が多いほど手間がかかっているため、お値段も高額になる傾向があります。

資産価値として

喜平チェーンの大きな特徴としては資産価値が高い点です。
金やプラチナでジュエリーを作った場合、デザイン・宝石・加工などコストが増大していきます。
しかし喜平チェーンはコストが極めて少額であり、金やプラチナ本来の資産価値にかなり近いアクセサリーとなっています。
その為、販売価格も安く購入価格と売却価格の差が少ない商品になります。身に着ける資産として、確立されています。

最後に

当店で扱っております喜平チェーンは日本国内で製造している新品商品をお取り扱いしております。デパートと変わらない品質の良さと素材を証明する「造幣局検定刻印」入りなので安心してご購入いただけます。
販売価格は業界最安値を目指して設定させていただいております。自信を持ってご提供いたします。ぜひ一度ご覧いただけましたら幸いです。

→→当店の喜平はこちら←←


※当店キヘイ商品は地金相場の影響を受け、毎日価格が変動してます。