ダイヤモンドの品質を調べる「鑑定」と品質を保証する「鑑定書」

ダイヤモンドの品質を調べる「鑑定」と品質を保証する「鑑定書」

<補足事項>

現在、AGL(宝石鑑別団体協議会)では「鑑定書」という言葉を公の文章では使用していません。替わりに「グレーディングレポート」という言葉を使用しています。これは、「鑑定書」という言葉が価格を連想させるためで、品質評価を表したレポートと混同しないようにするためです。

本サイトの記事内では、一般に使用されている「鑑定書」という表現を使用しています。

ダイヤモンドの買い取りをビジネスとする上では、「鑑定」の内容と「鑑定書」についての知識が必要不可欠です。本記事では、ダイヤモンドの価値を決める際に重要となる、鑑定と鑑定書について説明します。また、鑑定書を発行する機関の特徴についても触れますので、ぜひご一読ください。

[目次]
1.ダイヤモンドの品質は4Cで決まる
1-1.カラット(Carat):重さ
1-2.クラリティ(Clarity):透明度
1-3.カラー(Color):色
1-4.カット(Cut):研磨
2.鑑定書がダイヤモンドの品質を保証
3.鑑定書に書かれる4C以外の項目
4.信頼できる機関が発行した鑑定書であることが重要
5.まとめ

ダイヤモンドの品質は4Cで決まる

ダイヤモンドの品質は、以下に示す4つの評価基準により決まります。すべて「C」で始まるため、「4C」と呼ばれていて、ダイヤモンドの品質を測る上で非常に重要です。

カラット(Carat):重さ

1カラットは約0.2gです。ほとんど均一の大きさに実る「イナゴ豆(キャラブの実の種)」の1粒の重さを基準としたことから使用されるようになったとされる単位です。重量が大きいほど希少価値は高くなります。

クラリティ(Clarity):透明度

クラリティは透明度の高さです。内容物(インクルージョン)および傷の有無でランク付けされます。最高ランクは、FL(フローレス)と呼ばれ、専門の鑑定者が10倍の拡大ルーペで確認しても、傷や内容物がないと認められたという証です。以降、IF・VVS1・VVS2・VS1・VS2・SI1・SI2・I1・I2・I3の11段階のグレードが付けられます。最下位のI3になると、肉眼でも容易に内容物や傷が認められます。

カラー(Color):色

ダイヤモンドはもともと黄色や茶色などの色味があるものが多く、無色透明なものは貴重です。そのため、カラーは、無色透明であればあるほど最高品質と認められます。最高グレードは「D」で、以降、E、F、G…とアルファベット順にグレードが付けられ、最低ランクは「Z」です。

ただし、無色透明のダイヤモンドだけが価値が高いとは限りません。なかには、特殊な条件によりピンクやブルー、グリーンなどの結晶もあります。カラーダイヤモンドは希少価値が高いため、無色透明なダイヤモンド以上の価値が出ます。

近年では、安価なダイヤモンドに放射線照射で色を付けたダイヤモンドも出回っていますが、専門の鑑定機関では、放射線処理の鑑定も可能です。放射線処理がされている場合は、鑑定書にその旨も記載されます。

カット(Cut):研磨

唯一、人が介在して決まる品質がカットです。高いカット技術を施すことで、ダイヤモンドは美しい輝きを放ち、価値も高くなります。鑑定書で品質を評価されるカットはラウンドブリリアントカットのみですが、形状と仕上げで評価され、等級は、Excellent、Very good、Good、Fair、Poorの5段階です。

強く光り輝くカッティングを施す場合、原石をかなり削らなくてはなりません。素晴らしいカットのダイヤモンドが、カラット数の割に価格が高い理由は、このようなコストもかかっているためです。

鑑定書がダイヤモンドの品質を保証

ダイヤモンドの買い取り時は、そのダイヤモンドの品質を決める鑑定書があるかどうかを確認しましょう。鑑定書は、先ほどご紹介した4Cを鑑定した結果を報告書としてまとめたものです。4C以外にも、ダイヤモンドの価値を決めるさまざまな情報が記載されています。

ダイヤモンドを購入する際についてくる書類として、鑑定書以外にも鑑別書や保証書(証明書)といったものがあります。これらの書類も、ダイヤモンドの品質を保証してくれそうな名前ですが、実はそうではありません。

鑑別書とは宝石全般を対象としており、ダイヤモンド以外の宝石にも発行されます。ダイヤモンドの鑑別書は、ダイヤモンドを科学的に検査して、「そのダイヤモンドが天然石なのか」もしくは「何か人工的な処理がされているかどうか」という結果をまとめたレポートで、ダイヤモンドの品質が明示されているものではありません。。

保証書(証明書)は、販売店側の保証書であり、家電を購入したときについてくる保証書と同じ性格のものとお考えください。宝石の価値そのものを保証しているわけではない点に注意が必要です。

鑑定書に書かれる4C以外の項目

鑑定書を実際に見てみると、4Cの鑑定結果だけが書かれているわけではないことに気づくのではないでしょうか。例えば、単にカラット(重さ)だけではなく、直径など、各辺の大きさも記載されています。良いカットのダイヤモンドはカラット数ごとの直径がおおよそ決まっていて、同じカラット数でも直径が違うと価値に違いが出るためです。また、カットとは別に、研磨状態(ポリッシュ)や対称性(シンメトリー)もカット等級と同様の5段階で記載されています。

ダイヤモンドの蛍光性も鑑定書に記載される項目です。蛍光性とは、ダイヤモンドに紫外線を当てたときに出る光の色のことです。また、ダイヤモンドの色が「天然のものか」「人為的なものか」を記載する「色起源」も、4C以外に記載される鑑定項目です。

信頼できる機関が発行した鑑定書であることが重要

鑑定書は、発行機関に関して縛りがありません。そのため、極端な言い方をすれば誰でも発行できます。しかし、それでは信頼性に問題があるため、基本的にダイヤモンドの鑑定書は、信頼できる機関が発行した鑑定書であることが重要です。

日本の鑑定機関としてAGL(宝石鑑別団体協議会)加盟の鑑定機関が良いとされています。なかでも「中央宝石研究所(CGL)」「AGT」などが有名です。両機関とも、GIA同様の厳しい鑑定基準でダイヤモンドの鑑定に当たっていますので、鑑定書発行を依頼すると安心でしょう。

まとめ

ダイヤモンドの品質を調べるために重要な「鑑定」と、品質を保証するために必要な「鑑定書」について解説しました。鑑定によってダイヤモンドの価値が決められますが、信頼度の高いダイヤモンドの鑑定機関から鑑定書を発行してもらうことが重要です。ダイヤモンドの鑑定や鑑定書発行について、何か分からないことがありましたら、ぜひ当社にご相談ください。