「3R」とは?リユース、リサイクル、リデュースの違い

「3R」とは?リユース、リサイクル、リデュースの違い

3R(スリーアール)という言葉をご存じですか?3Rは、ごみを減らして資源を有効活用するための重要なキーワードです。

この記事では3Rの説明や具体的な方法、また、3Rのなかで今後私たちが最も取り組みやすいリユースについて詳しく紹介していきます。

目次[非表示]

  1. 1.3R(スリーアール)ってなに?
  2. 2.リユース~フリマの活用やリターナブル瓶の使用で繰り返し使う~
  3. 3.リサイクル~ごみの分別やリサイクル製品の使用で資源を再び活用~
  4. 4.リデュース~マイバッグ持参でごみの発生を減らす~
  5. 5.個人で手軽に始められる行動~リユースで、まだ使える不用品を再利用~
    1. 5.1.1.リユースショップの活用
    2. 5.2.2.インターネットオークションの利用
    3. 5.3.3.フリーマーケットやバザーの利用
    4. 5.4.4.地方自治体の制度を利用
  6. 6.まとめ

3R(スリーアール)ってなに?

3Rとは、ごみを減らすための行動である「リユース」「リサイクル」「リデュース」の総称で、3つの頭文字をとって3R と呼ばれています。

  • リユース  繰り返し使うこと
  • リサイクル 資源として再び利用すること
  • リデュース ごみの発生、資源の消費をもとから減らすこと

リユースとリサイクルは混同されることが多く、再利用することと言えばリサイクルと思われている方もいるでしょう。

リサイクルは資源として再び使うことで、リユースは、そのまま再利用して繰り返し使うことです。

限りある地球の資源を有効的に繰り返し使う社会(循環型社会)を実現するためにも3Rは必要な行動です。

では、具体的に私たちがどのような行動をとれば良いのか次項でそれぞれについて解説していきます。

リユース~フリマの活用やリターナブル瓶の使用で繰り返し使う~

リユースとして私たちができることは、

  • 不用品を必要な人に譲る
  • 捨てずに繰り返し使う

などが挙げられます。

具体的にはフリーマーケットやリサイクルショップの活用、回収・洗浄することで繰り返し使えるリターナブル瓶の使用などがあります。

リサイクル~ごみの分別やリサイクル製品の使用で資源を再び活用~

リサイクルとして私たちができることは、

  • 資源ごみを分別し、再利用する
  • 不要になったものを捨てずに転用する

などが挙げられます。

具体的には、ごみをきちんと分別することや、古紙から作られたトイレットペーパーといったリサイクル製品を積極的に使うことなどがあります。

リデュース~マイバッグ持参でごみの発生を減らす~

リデュースとして私たちができることは、

  • ごみになるようなものをできるだけもらわない
  • 必要以上にものを買わない
  • 使用頻度の低いものはレンタルやシェアリングシステムを利用する
  • メンテナンスや修理が可能で長く使用できる製品を選ぶ

などが挙げられます。

具体的には、マイバッグを持参しレジ袋をもらわないことや、過剰包装や不用な包装は断ること、ばら売りや量り売りで必要な分だけ購入すること、キャンプ用品といった使用頻度が低いものはレンタルすることなどがあります。

個人で手軽に始められる行動~リユースで、まだ使える不用品を再利用~

現在、資源ごみを分別するリサイクルや、マイバッグを持参するリデュースは、私たちの生活のなかに随分と浸透してきました。リユースも、オークションサイトなどの普及で、以前より認知度が高まっているのではないでしょうか。

リユースは、まだ使える不用品をそのままの形で再利用するため、個人が手軽に始められる行動です。

衣料品や本、CDやDVDはもちろんのこと、家具や家電製品、また近年の不況で取引が増えている金の売買など、リユースできるものは多くあります。今後はリデュース、リサイクルはもちろんのこと、リユースすることも積極的に考えてみましょう。

リユースの方法としては次のようなものがあります。

1.リユースショップの活用

リユースショップとは俗に言うリサイクルショップのことです。買取は店舗のほか、出張買取、宅配買取などがあります。

2.インターネットオークションの利用

オークションサイトを使用して、取引を行う方法です。通常、出品者が商品の説明や写真、最低入札価格などを決め、最高価格をつけた人に落札されます。

3.フリーマーケットやバザーの利用

フリーマーケットは自治体や民間の団体が主催するものがあり、多くは公園や広場などで開催されます。

基本的には個人間での売買となりますが、出店料がかかる場合が多いようです。バザーは学校といった施設に不用品を持ち寄り販売します。寄付が目的なので収入にはなりませんが、不用品の有効活用になります。

4.地方自治体の制度を利用

地方自治体では不用品を引き取り、リユース品として販売しているところがあります。また自治体の広報誌や掲示板などで不用品のあっせんを行っているところもあります。

まとめ

資源の採掘量は今後も増え続けていくことが予想されています。限りある資源を有効に使うためにも、今後一層、3Rの取り組みを真剣に考えていくべきではないでしょうか。

3Rはそれぞれの目的があります。さまざまなシーンに合わせてリユース・リサイクル・リデュースに取り組むことを心がけましょう。