金を売るなら、どのような方法がある?高値で売る方法

金を売るなら、どのような方法がある?高値で売る方法

金が資産として扱われていて、金融資産や宝飾品として利用されていることをご存知の方は多いでしょう。
金は、株式や乗用車、家屋、土地などに比べると、比較的容易に売却することができます。
しかし、買取りのお店によって買取り金額には差が生じます。
せっかく売るのであれば、少しでも高く売りたいですよね。
今回は、金を少しでも高く現金化したい場合にどうすればいよいのかをご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.金を売る方法はさまざま。自分に合ったものを選ぼう
    1. 1.1.貴金属地金商
    2. 1.2.宝飾店
    3. 1.3.宅配買取
  2. 2.金の宅配買取が人気を得ている理由とは?
  3. 3.なぜ金の買取り価格は差が出にくい?
  4. 4.金を高く売るなら業者選定が大切!
  5. 5.まとめ

金を売る方法はさまざま。自分に合ったものを選ぼう

現在、金を売る方法は多くあり、買取方法が多様化しています。

地金であれば、貴金属地金商や、場合によっては金取引を行っている銀行や証券会社などでも売ることができます。
もしくは、金やジュエリー、高級なお酒を買取ってくれる専門の業者という選択肢もあります。
その他にはどういった方法があるのでしょうか。

貴金属地金商

大手のメリットは、信用と安全、取引金額も明瞭に提示されることです。
500g未満の地金の売買には、地金代金とは別に手数料が必要です。理由は買取りした地金をそのまま再販するのではなく、溶解・検査を行って製造し直す場合があり小型の地金はその費用が割高になるからです。

宝飾店

宝飾店では、ジュエリーの買取りを行っているお店があります。しかし、金や宝石の品質状態によっては買取りが難しい場合もあります。

宅配買取

ネットで申込みをおこなう、宅配買取という方法があります。
ネットから連絡をすると、宅配業者が受け取りにきて金などの売りたい品物を回収し、そこから業者が受け取って査定額を提示します。
その金額に同意すれば現金化できるという流れです。
店舗へ足を運ぶ必要がなく利便性が高いため人気が高いです。

このように、金の買取方法にはいくつか種類があるので、自分が利用しやすい方法を選びましょう。

金の宅配買取が人気を得ている理由とは?

現在、ネットによる金の宅配買取が多くなってきています。
ネットであれば買取業者や銀行へ足を運ぶ必要がなく、業者の詳細も口コミで確認することができます。

業者の比較もまとめて行うことが可能です。
無料で査定をしてくれる業者も存在し、そこからおおまかな買取り金額を比較することができます。
金の宅配買取は、料金を比較し、その中からもっとも高額で取引してくれるお店を選ぶことができるので人気が高くなっているのです。
ネットを介さず金を換金するときは、直接店舗に出向くことになりますが、住んでいる地域によっては難しい場合があります。
それに比べて、ネットを利用した宅配買取であれば、住む地域を選ばず取引を行うことができます。
宅配買取の業者は、発送の際にかかる送料を業者側が負担してくれる場合が多いです。さらには、査定結果に納得できなければ無料で返送してくれる業者もあります。
そういった理由から、現在ではネットを利用した宅配買取の需要が高くなっています。

なぜ金の買取り価格は差が出にくい?

金は、投資の対象として扱われるようになってから、価格が乱高下したことがありました。
しかし現在の価格は、長い年月を通じてある程度安定してきています。
日本の金市場は、金自体の希少性が高く取引額も大きいことから、多くの企業が参入しています。
その中でも、企業として古くから存在し、取引規模も大きい某大手貴金属地金商が大きな力を持っています。
買取りレートへの影響力も大きく、地方の小規模な企業や買取り業者は、そういった大手企業に対して右にならえという状態が長く続いています。
中古の本やゲームを売る場合は、売値が小売価格の何分の一かになってしまうことが多いです。しかし、金は購入時の金額と売却時の金額の差があまりないので、安定した価値があるといえます。

金を高く売るなら業者選定が大切!

金は、従来のような一定の買取り価格ではなく、多様な買取り価格が提示できるようになってきました。

ただ、金の買取ビジネスは参入しやすいことから、危険な業者、詐欺のような業者がいる可能性もあります。
そういった業者を避け、安全に高く売るためのポイントをご紹介します。

まず、金製品の相場を知り、複数の業者に見積もりを行ってもらい、信用のできる業者かどうか確認することです。
金は、株式や為替相場のように激しく相場が動きませんが、日々買取りの相場は動いています。
金の相場は、昔は銀行に行って確認するしかありませんでしたが、今はネットで簡単に見ることができます。
それを知ることで、おおよその買取り金額を予想することができます。

次に、複数の業者に見積もりを取ってもらうことです。
同じ金製品でも、付いているダイヤモンドなどの宝石やデザイン性で価格が大きく変わります。特にデザイン性やブランドの価値は買取する業者によって変わることが多いです。
そういった際に、あらかじめ購入した時の金額や、類似品の相場価格を押さえておくことで、優良企業を選ぶ判断材料となります。
査定額が高くなる条件は「金や宝石など素材としての価値はあるか」もしくは「商品としてそのまま売ることができるか」です。
最近では、買取ったジュエリーなどを自社で洗浄、修復し、店頭で販売する買取業者も増えています。

そのため、ブランド価値やジュエリー製品としての価値によって、金の素材相場以上の価格で買取をしてくれる業者が多くなりました。人気ブランド店のジュエリーやダイヤモンドなどの宝石が付いているにも関わらず、金の素材の価格のみの査定額を提示された場合は、複数店舗でのお見積りをおすすめいたします。

まとめ

金を少しでも高価で買取ってもらうには、
インターネット等を利用して、自分で金の相場を確認をしたり、ブランド品や宝石付きのジュエリーの場合は購入時の価格や類似品の価格を事前に調べておくといいでしょう。そして、提示された査定額に納得ができない時には、複数社へ見積もりを依頼し、適正価格を見極めることが大切です。