「ダイヤモンド」の検索結果 28件

1/3ページ

輝き?希少性?なぜダイヤモンドには価値があるのか

  • 2018.10.13

人はなぜ、これほどダイヤモンドの輝きに魅了され、ダイヤモンドはなぜ、これほど高額で取引されるのでしょうか? ローマ時代、インドからローマに運ばれたダイヤモンドは、病気や災いから守ってくれるものだと考えられ、魔除けとして珍重されました。 魔除けや神秘性を有するものとして大切にされてきたダイヤモンドが、現在のような「宝石の王」としての地位を築き、誰しもが憧れる宝石として認識されたのは、なぜなのでしょう […]

天然ダイヤモンドとは?地球が作り出す奇跡の宝石

  • 2018.10.12

天然ダイヤモンドは、気の遠くなるような長い期間をかけて、地球の内部で炭素が結晶化された奇跡の宝石です。そんな希少性の高いダイヤモンドを、人工的に合成する方法が昔から研究されてきました。 合成ダイヤモンドは、天然のダイヤモンドと同じ性質を持っており、ダイヤモンドではないというわけではありません。ただ、合成コストが非常に高かったため、あまり流通してきませんでした。しかし近年、技術の発達で低コスト化が進 […]

カラーダイヤモンドの種類

  • 2018.10.11

ピンク、ブルー、イエロー……ダイヤモンドといえば無色透明というイメージが強いですが、美しい発色が楽しめるカラーダイヤモンドも魅力的ですね。今回は、カラーダイヤモンドについて、炭素原子から構成されているのになぜ色がつくのか、どういう種類があるのかを説明します。カラーダイヤモンドに詳しくなれる知識をまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。 目次[非表示] 1.カラーダイヤモンドの種類 2.なぜ様 […]

ダイヤモンドの評価の1つ「クラリティ」とは?

  • 2018.10.10

肉眼で、宝石店などに並ぶダイヤモンドを見ても、まったくの透明であり、キズがない状態に見えるかもしれません。しかし、インクルージョン(内包物)やキズがまったくないダイヤモンドというのは、そうそうあるわけではありません。こうしたインクルージョンやキズ、くもりの度合いを評価する基準をクラリティ(透明度)といいます。 視野を10倍にするループや、さらに大きく拡大できる顕微鏡などを用いてダイヤモンドを見ると […]

ダイヤモンドはカットでさまざまな表情をみせる

  • 2018.10.09

すべての宝石は、美しく磨かれてカットされてこそ、輝きを放ちます。これは、ダイヤモンドにおいても例外ではありません。地中から掘り出されたばかりの原石は、ごつごつとして、輝きも強くありません。しかし、上手くカットされたダイヤモンドの輝きは比肩するものがないほどで、その内部の輝きをもっともよい方法で引き出そうと、昔から、数々のカットやデザインが考案されてきました。 人をひきつけてやまない宝石は、その本来 […]

ダイヤモンドの色は無色透明が高価値!

  • 2018.10.08

無色透明でクールな輝きを放つダイヤモンドは、希少性が高く、カラーの評価基準では最高ランクの評価です。婚約指輪など一生に一度の贈り物になる重要なポイントでは、やはり無色透明のダイヤモンドを贈りたいと思う男性も多くいます。ダイヤモンドの色はとても奥深いものがあるため、今回はカラー、特に無色透明のダイヤモンドに焦点を絞ってご紹介します。ダイヤモンドを買い取る際の基礎知識として、カラーのことも知っておきま […]

合成ダイヤモンドとは?技術向上で市場拡大

  • 2018.10.07

天然のダイヤモンドは、地球内部の高温高圧な環境下で数億年を費やして生み出された貴重な宝石です。1キログラムの天然ダイヤを掘り出すために、およそ5300トンもの自然原料が粉砕処理されると聞けば、その希少性にも納得がいくでしょう。もちろん、天然のダイヤモンドの価値は、その希少性だけにあるのではありません。 その輝き、美しさが古くから人を魅了してやまず、多くの人がその輝きを追い求めてきました。しかし、人 […]

そのダイヤモンドは本物?類似石との違いと見分け方

  • 2018.10.06

[補足事項] どなたでも読みやすいように、本サイトの記事内ではダイヤモンドの「類似石」のことを「偽物」という表現を使用しております。 いつの時代であっても、宝石の輝きは人を魅了するものです。そのなかでも、宝石の王であるダイヤモンドに魅入られ、「何としても手に入れたい」「いつかは私のものにしたい」と考えている方は多いかもしれません。しかし、それだけ多くの方が憧れる宝石だけに、模造品、偽物が多いのも、 […]

ダイヤモンドのパウダーの用途は?工業用や美容業界の活用方法

  • 2018.10.05

ダイヤモンドと聞いて思い浮かべるのは、ジュエリー用に美しくカッティングされた宝石だという方が大半なのではないでしょうか。しかし、一口にダイヤモンドといっても、その大きさや種類、用途は様々です。中にはナノレベルというごく微細なパウダーになったダイヤモンドもあり、工業用ダイヤモンドとして大いに利用されています。 こうした工業用ダイヤモンドを利用することで、様々な工業品の生産工程や製品の特性が大幅に変わ […]

ダイヤモンドの評価基準の1つ「カラット」とは

  • 2018.10.04

ダイヤモンドを評価する基準としてよく耳にするのが、「カラット」という言葉です。ダイヤモンドは「カラット」が大きければ大きいほど希少性があり、価格も高くなります。「それは理解しているけれど、カラットがいかなるものなのか具体的にはわからない」という方は多いかもしれません。そこで、ここではダイヤモンドの評価基準の1つ、「カラット」について解説いたします。 【目次】 ・“カラット”はダイヤモンドの重さの単 […]

1 3